もり けんと

森 健人

  • 筋骨格解剖学

  • 3Dモデリング

  • 博物館学

路上博物館
館長 博士(理学) 

連絡先: メールでのご連絡はこちら

https://rojohaku.com/

  • Twitter
  • Instagram

博物館標本の楽しみを博物館の外に届ける

コスプレの衣装づくりのための資料集めが高じて解剖学、博物学の道に入りました。博物館標本がもっと創作のための資料として活用される世界を目指しております。その足掛かりの第一歩として、まずは博物館標本の楽しさをしってもらうべく、標本の3Dデータ作成、そして、作ったデータから3Dプリントレプリカを作成し、路上で展示を行う「路上博物館」の活動を行ってます。

「STEAM」パワー

「STEAM」パワーとは?

研究者の得意領域を数字で示しています。あくまで自己評価です。(合計10点)

※STEAMは5つの単語を組み合わせた言葉です
科学(Science)、技術(Technology)、工学(Engineering)、アート(Art)、数学(Mathematics)

専門分野

  • 筋骨格解剖学
    80%
  • 3Dモデリング
    70%
  • 博物館学
    70%

サブ専門分野

  • ゲーム(フロム・ソフトウェア系)
    100%
  • コスプレ
    70%
  • フィギュア制作(3Dプリント)
    80%
スクロールできます

路上博物館の活動風景。

シマウマの前肢筋骨格乾燥標本。
筋膜骨膜を丁寧にむきます。

三角頭のコスプレ。
衣装づくりにおける三角関数の大切さを学びました。

標本データでレーザーカット。
博物館標本の利用価値はまだまだ高まる!

路上博物館の活動風景。

シマウマの前肢筋骨格乾燥標本。
筋膜骨膜を丁寧にむきます。

三角頭のコスプレ。
衣装づくりにおける三角関数の大切さを学びました。

標本データでレーザーカット。
博物館標本の利用価値はまだまだ高まる!

森 健人さんと
つながりのある研究者